Top
PROFILE

AC3の攻略は頑張った
by JosiaB
カテゴリ
///ネットゲーム///
FinalFantasy14
FinalFantasy11
【PC】EverQuest2
///オフゲ・FF関連///
【PS3】FF13/13-2/LR
【PS3】FF12
【PSP】FF9
【PSP】DISSIDIA FF
///モンスターハンター///
【Wii】MH3
【PSP】MHP2G
【PSP】MHP2
【PSP】MHP
【PS】MH2
【PS】MHG
【PC】MHF
【PSP】MHP3
///オフゲ いろいろ///
【PS3/PSP】アサシンクリード
【PSP】パタポン1・2
【iOS】逆転裁判
PSPいじりとか
ゲームいろいろ
DAILY JUNK
┣#01 飲み食い・買い物
┣#02 音楽・ライヴ
┣#03 映画・アニメ・ドラマ
┗#04 本
雑記
PROFILE

カテゴリ:┗#04 本( 10 )

たまには本の話とか

仕事が忙しかったのと、地元からおかんが襲撃してきたのでゲームはお休み。
晩ご飯は、前から気になってた近くのしゃれこけむしたDINING BARに行ってみたのですが、これが思いの外アタリで大満足。「量多いですよ…」と言われたおすすめサラダ、ほんとすげーボリュームだったですが、魚介もたっぷりでおいしかったー。ここは今度みんなで宴会してもいいかも。メニューはそれほど多くないけどパスタもおいちかったし。

夜はだらだらおかんと話をして、週末恒例読書たーいむ。

a0064369_185133100.jpgデイヴィッド・ハンドラー『ブルー・ブラッド』
この人のホーギーシリーズはずっと読み続けてきたのですが最近失速気味。んで、この新シリーズもあんまり期待してなかったんですが、かなりおもしろかったです。この主人公はけっこうイイ。ホーギーシリーズではルルって犬が出てきてましたが、このシリーズは猫です。
既に5作刊行されてるらしいので、これから続々翻訳されそうで楽しみです。
村上春樹文庫にもちろっと手を出しています。
んでもどうもねぇ、食指うごかんのです。きっちりオチがないってのはどーもニガテ。
まぁギャッツビーくらいは読んでおこうかと思ってます。

最近の夜のおともは『御宿かわせみ』です。
もう何度も読んでるのでどの話もよーくわかってんですが、長寿庵の長助が「いい蕎麦粉がはいりましたんで…」てところ、すげーヨダレです。うちの近くはおいちいお蕎麦屋さんがないんだよなぁ。更科のおいちーの食べたいよー。

以上、たまにはゲームのない日もあるってことで。
[PR]
by JosiaB | 2007-03-17 19:01 | ┗#04 本

フツーにだめー

クリスマスです。というか年末です。
今週は激しく忙しくなりそうなので、打ち合わせのついでに色々と所用をこなしてきました。
これで雑務はかなり減ったはず…追加の頼まれ事がないことを祈るのみざんす。

打ち合わせの合間に本屋に行って来ました。
で、買っちゃいました。

a0064369_18432454.jpg2chから産まれた天才ポエマー・サマーの詩集です!
カズがまとめサイトを教えてくれたんですが、この破壊力はすごすぐる。
タナ・トス!
フレグランス・ド・フラワー!

…フツーにだめーwwwwwww
a0064369_1846942.jpgウッドハウスのって翻訳でどうなのー?と思ってましたが、なんとなく買ってみました。イギリス独特の笑いが表現できてるのかどうかが気になりますが、まぁたぶんがっかりすることはない…と思う。
これはシリーズモノなので、おもしろければ他のも一気に購入予定。年末年始にがーっと読んでおきたいとこです。
他にはリンダ・フェアシュタインのアレックスものとダイアン・デヴィッドソンのゴーディものの新刊が出てたので購入。
っつか本の整理しないと部屋が大変なことになってるんですが。

久しぶりに今日ローストビーフを食べました。しっとりしてて美味しかった(*'-')
一緒に飲んだヴーヴクリコも美味しかったなぁ。(ドンぺりにはやっぱ及ばないけど)

おまけ:ちぃっとヨッパライ気味でFFにIN。スキルageしてスウィフト習得しました。
[PR]
by JosiaB | 2006-12-26 18:38 | ┗#04 本

本の話

夏ですねー。蝉がうるせーですねー。
マシン3台の熱で、仕事スペースはいやーな暑さです。しかもうちのMacはG4QuickSilverなんでうるせーことこの上なし。OS9切れないので買い換えもできず、未だに健在な騒音ますぃんです。

しばらく映画の話ばっかだったんで、今日はちと本ネタで。

a0064369_14281047.jpg浦沢直樹・MONSTER。
おもすれかったー。
この人やっぱうまい。非の打ち所がないです。
ただ一つだけ、これドイツなのにDr.が「ドクター」なのはなぜ?
a0064369_14331971.jpg一色まこと・ピアノの森。
完結してると思ったらまだだったよ(´・ω・`)
所謂「天才が発掘されて化けていく」お話なんだけど、まぁ…アリかなぁ。主人公のカイがいいキャラなので許す。難しいコトバ使ってないからわかりやすいし。でもやっぱのだめのが好きだな。
a0064369_14365127.jpg京極夏彦・魍魎の匣
これでブレイクしただけあってやっぱ面白かった。
この人って妖怪譚書いてるのかと思ったら違うのね。すげーミステリ。途中でコムズカシイ理論が色々出て来るんだけど、それがまたきっちり説明とか伏線(?)になってるので無駄がない。スヴァラシイ。
a0064369_14433769.jpg京極夏彦・狂骨の夢
3作目。キャラが立ってきたなー。個人的に榎木津が好きです。ヤツが出てくると笑える。今回のコムズカシイ部分はフロイトやらユング、日本の神道とかーなり込み入ってるんだけど、終わりはすっきり。さすが。
いやー、すっかり京極ワールドにはまってしまいました。
久しぶりにツボな作家と逢えてうれすぃ。
主人公は多分「京極堂」なんだろうけど、「関口」のダメっぷりがあってこそなんだよなぁ。(つかこっちが主人公だよなやっぱ。)
うわああとあっちの世界に逝きそうになるのを超然と
「この世には不思議なことなど何もないのだよ、関口君」
とぶったぎる。
で、読んでるこっちは納得するわけで、うまいよほんと。翻弄されまくり。

「鉄鼠の檻」「絡新婦の理」と、まだまだ京極ワールドは続きます。
んー楽しみ。
つか本棚がほしーですよorz
[PR]
by JosiaB | 2006-08-03 15:02 | ┗#04 本

大人買いその1・スラムダンク

a0064369_20233286.jpg買ってしまいました。
スラムダンク完全版・全24巻セット…23,512円wwwwww
amazonのぞいたら全巻セットってのがばびゅーんと目に飛び込んできてですね、即カートに入れてました。
これはほんっと好きでして、昔コミックは全部もってたんですけど、保険屋時代にお客さんに貸して彼はそのまま転勤してしまってですね、いつかもっかい買おうと思っていたわけです。
読み返すと、やっぱ好きだなぁと実感です。
むっさいオトコの声援しかもらえない三井くんが一番好きです。はい。
最初カッコワルイしスタミナないし前歯差し歯だけど好きです。
ルカワくんあんま好きじゃないです。
でも、最後の山王戦、花道とのラストのハイタッチシーンは何度見ても鳥肌だぁ。(そのあとぷいっと離れるところも笑えてイイ)
しかしこれ、「その後」もやっぱ読みたくなるですね。
『リアル』ももちろん買ってますが、やっぱなー、バスケはスラムダンクに限るよなぁと思ってしまうのです。まぁバガボンドもそのうち大人買いしようとたくらんでますが。

a0064369_20345233.jpgこっちもいよいよ手をつけました。
京極夏彦『姑獲鳥の夏』です。
まだ上巻半分くらいまでしか読んでないですが、おもしろいですねコレ。
分冊になってるのがゾクゾク出てるので、しばし京極ワールドを堪能しようと思います。
さて、今後の大人買い予定、リストインしてるのはこんな感じ。

浦沢モノ:MASTERキートン、MONSTER、20世紀少年
井上モノ:バガボンド

買うのはいいけど、本棚がありません。
仕事スペースもなんとかしたいし、どっかにいい簡易リフォーム屋さんないかしら…。
[PR]
by JosiaB | 2006-07-15 20:43 | ┗#04 本

本いろいろ

ここのところお出かけ仕事が多いので本が欠かせません。
移動中や待機中にガシガシ読んでおります。もちろん寝る前も。

a0064369_157366.jpg池波正太郎『むかしの味』

移動中に読んでます。池波先生はもちろんあの鬼平や剣客、真田太平記と時代物が多いのですが、こういう食をテーマにしたエッセイもけっこう多いです。
出てくるお店、全部美味しそうです。
機会があったら行ってみたいなぁ。
a0064369_1510365.jpgアーサー・ビナード『出世ミミズ』

日本に住んでいる作者の日々を綴ったエッセイです。作者のことは全く知らず、なんとなくタイトルに惹かれて買ってみたのですが、まぁ可もなく不可もなく。
「ガイジンの目からみた日本の色々なコト」がツレヅレと書いてありますが、言ってしまえばありきたりですね。軽いので移動中に読んでます。
a0064369_1513432.jpgC.S.ルイス『ナルニア国物語』

読み始めてしまったので惰性で買った5〜7冊目です。コドモ向けファンタジーまんまだし、訳の古さにちと辟易しております。同じ古いファンタジーでもやっぱ指輪物語は優秀だなぁと今さら思います。
あんまり物語の中に入っていけないんだよねコレ。映画も観る気なくなりました。
a0064369_151628100.jpg二ノ宮知子『のだめカンタービレ』

15巻でますた!
なんかね、千秋とのだめがちょとラヴラヴでムカつく(´Д`)今回はモーツァルトについてちょと掘り下げてます。
書簡集、あたしも読んでみたくなった…くだらなすぎっ。

本屋を歩いていて、横溝正史や松本清張にちょっと手を伸ばしてみたくなりました。
今年の夏は正統派ミステリにいってみようかしら…。
まぁまずはこの間かった京極を読まないとなんですが。
[PR]
by JosiaB | 2006-06-14 15:06 | ┗#04 本

トンネルを抜けるとそこは…

毎度ながら事務仕事に追われております。
とはいえ、もう4月も秒読み。
駆け込み案件処理が終わるまで気は抜けませんが、来週頭でなんとかかんとか仕事の方は落ち着くのではないかと思われます。
まぁ…BBSはまだまだかかりそうですがorz

まとまった時間がとれないのでゲームから遠ざかってますが、その分活字率が高い今日この頃です。
打ち合わせの合間に本屋にいって物色して読み漁っております。

平岩弓枝の新八シリーズ、とりあえず御用帳は10巻読破いたしました。
次のシリーズは御用旅。まずは肥前守の特命を受けて京都に行く新八さま、1巻が往きの東海道で2巻が帰りの中山道になってます。
どっちかっつーと御用帳のが好きなんですが(だって旅先だと同心やら下っ引きとかのいつものメンバーでてこないし)、まぁこれもまた後半盛り上がってくるのかしらなんて予想してます。

スー・グラフトンのアルファベットシリーズも新刊が出てました。今回は『獲物のQ』です。これはがーっと勢いで読みたいので週末まで寝かせてます。楽しみ。

新しいものでは、藤沢周平の『獄医立花登手控え』シリーズを買ってみました。
1の『春秋の檻』、まぁ藤沢節というか、相変わらず淡々としてます。やはり池波先生ほどは登場人物に没入できないかなぁ。キャラがあんま立ってない。とりあえずな感じでシリーズは読破しようと思います。


今年手を出してみたい作家に京極夏彦がいます。
文庫の分厚さに今まで敬遠してたんですが、お手軽版みたいなのでてました。上中下巻に分かれてます。まぁその分金額高いですが、やっぱ読みやすさに勝るものはないのでコレいってみるつもりです。まずはいまさら姑獲鳥かなっ。


というか、時間がないときに限って時間をかけないといけないものに惹かれるのは人間の性なのかあたしの性分なのか…
24ぶっとーしで観たり、分厚い本一気に読んだりしたいです。

…はぁ、仕事投げたい(´д`)
[PR]
by JosiaB | 2006-03-31 16:56 | ┗#04 本

ツレヅレ

気合で仕事をしております。
決算期なので毎日数字と格闘です。
大体は目処がたったので来週は小休止できるかなぁな感じですが、月末はまた書類に埋もれることになります。ぉぇぇ、です。

ストレスもかなーりかなーりたまりつつありまして、お買い物したくてしょうがないです。服とか化粧品とかほしいものイパーイヽ(;´Д`)ノ
美味しいものも食べたいです。
温泉にゆっくりつかりたいです。
欲望はとどまるところを知りません。実現するものはありそうにないですが…。

こういうモードに入ったときはいつにも増して活字にのめりこむあたしですが、とりあえず二日で『シービスケット』読破しました。
大恐慌時代のアメリカに実際にいた馬の話で、いいお話でした。トビー・マグワイアが主演で映画にもなってます。コレおすすめです。

平岩弓枝『はやぶさ新八御用帳』は8巻まで読みました。明日にでも10巻まで買ってこようかなぁ。お鯉も復活していい感じです。まぁかわせみにはどうしても劣るけど。

今一番やりたいことは、24をぶっ通しで観ること。
週末あたり敢行したいなと思っていたのですが、そうでした、FF12出るんでした…。
結局そっちにいってしまいそうです。3日くらいで終わるだろうしね…。
BLOGタイトルに違わず、つくづくあたしはGAME JUNKIEでございます。
[PR]
by JosiaB | 2006-03-16 12:24 | ┗#04 本

本漁り

今週は遅ればせながらお年始まわりをしていたのでほぼ外に出てたですが、それも大体落ち着いてきたので帰りがけに本屋をうろついてまいりました。

今までは文庫本がメインだったのが、ここにきてハードカバーにかなり惹かれてます。
翻訳ものって文庫でも高いからあんまり変わらないんだよね。文庫で一冊1000円超えたりするし、割安感がなくなったというか…。
で、ハードカバーのコーナーをうろうろしていると、そそられる本がいっぱい。

・バーティミアス
ファンタジー系のお話らしく、3部作で完結しているらしい。主人公は子供で、その相方が妖精、しかも悪い方?ぽい。なんか異色だし、ちょっと読んでみたいかも。

・ナルニア国物語
ディズニーが映画化した超有名ファンタジー小説ですな。これははずせないので次回購入しよう。

・村上春樹の翻訳もの
ハルキさんはもともと翻訳もやってたですが、今回彼の翻訳シリーズとして毎月2冊づつ刊行されるらしいです。今出てるのは2冊。これは気になる。
『ポテトスープが大好きな猫』という絵本も見つけた。いかにも彼が選びそうなタイトルの絵本だ。

・スーグラフトンのアルファベットシリーズ
文庫本ではOまで出ていて、ハードカバーでPとQを発見。うーん、さすがにこれは文庫を待つかな。

・百年の孤独
ガルシア・マルケスのアレが新訳で出てた。前のはほんと読みづらくて、話も話なのでわけがわからなかったですが、これはちょっと期待できそうな感じ。装丁もきれいだった。

・生協の白石さん
売れてますねこれ。話のネタに読まないといけないな。


年末年始で買いだめした本は全て読んでしまったので、そのレビューもそのうち書きます。
一つだけ先に書くとですね、P・コーンウェル最新刊の『神の手』、だめでした。検屍官シリーズは失速してるなあ。ハマーのシリーズもいまいちだし。

ついでに忘備録を兼ねて新刊情報。
ハリーポッター最新作『ハリーポッターと謎のプリンス』は5/16発売。
『のだめカンタービレ』14巻は1/13発売。
…あ、のだめ今日じゃん、買ってこようっと。
[PR]
by JosiaB | 2006-01-13 14:41 | ┗#04 本

リニューアル祝いのBOOKS REVIEW

もうすぐクリスマスってことで、新しいスキン作ってみましたぁん。
今回のはPOPversionで、マットでシンプルな感じを狙ったんですがどうでしょうか。
CSSをいじるのはもうあまり時間がかからなくなったけど、アイコンなどの画像加工がやっばいです。一つ作るのに平気で数時間経ってることもあります。
素材探す時間も考えるとおそろしーな。
次はクラシックなイメージでグラフィカルに攻めてみようと思います。乞うご期待っ!
(その間にクリスマス終わってないといいけど…)

---

てことで、先日より買いだめしてました本、けっこう読み終わったんで簡単なレビューを。

エラゴン』 :クリストファー・パオリーニ

ハードカバーで650Pなんていう分厚い本、腕が重いなんて感じもせず二日で読了しました。
エルフやらドワーフやら、主人公(エラゴン)が「不本意ながら」巻き込まれていく試練やら、ほんとLoRの世界まんまなんですが、これはよくできてる。すげー面白かった。
LoRと違うところはドラゴンライダーという種族がいること。でもって、そのドラゴンライダーが軸になってるお話。
ちなみにこれ、作者が15の時に書いたらしい。今20歳。すごい人はいるもんだねえ。
3部作らしく、今はまだ2部までしか和訳されていないのがものっすごく残念。
一気に全部いきたいのにー。
ともあれ、はやいとこ2部買ってこなくっちゃ。期待度高し、です。


はやぶさ新八御用帳』 :平岩弓枝

2巻まで読了。
1、2巻とそれぞれが独立した話で、(まあ主人公のまわりの人物はかわらないけど)てっきりある程度は引っ張るもんだと思ってたあたしは一言言いたい。
1巻で出てきたお鯉、どうなっちゃったんだよおおおおお。
いいコだったのになあ、その後が気になってたのに2巻じゃこれっぽっちも触れられてない。
やはり終わってしまったのか…
というか新八、奥さんいるのに気が多すぎですよ。
ちっとはかわせみの東吾を見習いなさいよ!と。
御用帳は10巻までで、また違うシリーズがはじまってるらしいので、一応全部読む予定。多分年末年始はこれだな。


殺人小説家』 :デイヴィッド・ハンドラー

久しぶりのホーギー、すっかり前までの経緯なんて忘れちゃってたよ。
いつのまにか娘産まれてるし、メリリーとヨリ戻ってたんだっけ?
と疑問符満載で読み進め、一気に最後まで駆け抜けた。
で、ああそうか、そうだったそうだった、と。
内容は可もなく不可もなく…まあおもしろかったけど、多分次作も読むけど、やや惰性になりつつあるな。
最初の勢いはもうないかも。ちょっと残念。


クリスマスのフロスト』 :R・D・ウィングフィールド

これも一気にいった。
主人公のフロスト他、出てくる人間が全く好きになれない&共感もできないんだけど、話はおもしろかった。
事件が事件を呼ぶってこういうこというのかしらね、な感じで、これでもかーこれでもかーと色々起こる。
一見それぞれは何の関係もないように見えるんだけど、最後は全部腑に落ちる。
無駄なモノが一つとしてなかった気がする。よくできてるなぁ。
帯に「笑える一冊」ってあったけど、笑いの類はゲラゲラではなく「…っふ」って感じ。まあほら、イギリス舞台だし。
もちろん次作も読みます。ソッコーで買いに行きます。


ペギー・スー 1』 :セルジュ・ブリソロ

思った通り、ハリポタ女の子バージョンですね、これ。
とはいってもハリポタにはやっぱり遠く及ばない気がした。
続きあるみたいだけど、別にいいや、もう読まない。

[PR]
by JosiaB | 2005-12-14 05:10 | ┗#04 本

アリエナイのが漫画か、漫画だからアリエナイのか

よむよ.jpというサイトをご存知だろうか。
なんでもタダでWebで漫画が読めるらしい。
ふとした雑談から、いても立ってもいられなくなって夜中にここを訪れた。

お目当ては『NANA』。
映画にもなってるし、なんかすげぃ人気だし、でも矢沢あいだし、
一体どんなんなのよ?と思っていたので早速読んでみた。もちろん一気に13巻まで。

アリエナイ

もうこの一言に尽きる。なんですかこれは。
全然タイプの違う同じ名前の女の子二人が主人公なんだが…いやほんとアリエナイ。
あたしはこの奈々っつー女が大嫌いだ。
ついでに言うと別にナナも好きじゃない。
本当にアリエナイ(激しく狭い)世界でアリエナイ出来事が繰り広げられていて、なんていうか

はぃ?

という感じ。しかも完結してないじゃないか!ちょーキモティワルイ。最後まで読ませて下さい。
時々ナナやら奈々のモノローグが挿入されていて、まあきっと結果はなんか破滅するんだろうが、
もってまわった言い方で思わせぶりなイヤラシイ感じ。
いや、それでも時々大声で笑ったところはあったんだよ。
ヤスがアフロヅラかぶったりとか、淳ちゃんカップルの枯れたところとか。
でももう概してダメ。
まあアリエナイのが少女漫画かとも思うからこれもアリなんだろうが、
とにかくダメ。


ついでなので他の漫画についてもちょっと書いてみよう。


吉村明美という人の『薔薇のために』。
この人は札幌に住んでいる漫画家で、自分の地元ってこともあって結構好きなんだが、
この話もびっくりするくらいアリエナイ。
但し。
それでも幾度として読み返すのは、この人の書くセリフがなんていうか「深い」から。
チビでデヴでヴスな主人公ゆりは本当にアリエナイ人物で、
そのゆりを取り巻く(一応)家族構成も本当にアリエナイんだが、
なんていうか、人間の内面のドロドロしたところがすげー細かく描写されていて。
うへ、いってぇ、って思うんです。自分のことじゃないのに。
他にも『麒麟館グラフィティ』だの『海よりも深く』だの、
この人の作品にはやっぱり痛いトコ突かれるというか、
自分のあり方や人との関わりについて考えさせられてしまう。
一応お話はめでたしめでたしで終わるんだが、どうも読後の爽快感はない
迷ったり悩んだりしたときに読んでみて下さい、なんて絶対に薦められない。
いや…たかが漫画かもしれないんですがね。そう言い切れないモノがいっぱいある作品です。

二ノ宮知子の『のだめカンタービレ』。
昔ピアノをちょっと本格的に習っていたので、クラシック界のお話らしいってんで読んでみたんだが、
これも全てはアリエナイ話で。
…だってさすがにのだめが天才すぎる!
どっちかっていうともうクラシックの話よりのだめの変態っぷりが笑えるんだが、
それも前半まで、最近はあんまり変態マンガじゃなくなってきたように思う。
千秋がラフマニノフのピアコンを演るところとか、ちょと鳥肌モンだった。
(余談ですが、リヒテルとワルシャワフィルのこの曲は名盤です。きっぱり。)
今、単行本では13巻まで出ていて、のだめはバッハと格闘しているところで、
堅苦しいバッハが嫌いだった(平均律とか吐きそうだった)あたしにはこの先が楽しみでもある。
そういや龍ちゃん最近出番ないな。さびしいじゃないか。


どーでもいーけど、のだめ読むと鍵盤が無性に触りたくなる。
来年こそはクラビノーバ買うぞ、とか思っているのはまた別の話にて。


追記:
不適切な表現があったことはお詫びしません。キライなもんはキライなんです。ダメなものはダメなんです。
ともあれ、NANA信者の方がいらっしゃったら申し訳ないことです。(←あやまってんじゃん)
[PR]
by JosiaB | 2005-12-03 18:24 | ┗#04 本
 
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
タグ
(104)
(103)
(75)
(74)
(66)
(58)
(54)
(47)
(44)
(42)
(40)
(40)
(38)
(36)
(35)
(35)
(34)
(31)
(31)
(29)
(29)
(28)
(27)
(25)
(25)
(24)
(24)
(23)
(23)
(23)
(22)
(22)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
最新のトラックバック
FF11 パソコン
from BTOパソコン比較、直販ナビ
投資信託の分配金が
from 投資信託の初心者でも迷わない..
ペット・犬の情報
from いぬっこだいすき倶楽部
ファイナルファンタジーの..
from ファイナルファンタジー 攻略作戦
アワビ茸と白シメジのスパ..
from ドラゴンストーリー Gour..
GUIDELINE
当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。

Copyright (C) 2002-2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

EverQuest is a registered trademark of Sony Computer Entertainment America Inc. in the United States and/or other countries. (c) 2005 Sony Computer Entertainment America Inc.All Rights Reserved.

© 2009 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved. Assassin's Creed, Ubisoft, Ubi.com and the Ubisoft logo are trademarks of Ubisoft Entertainment in the U.S. and/or other countries.

(C)IREM SOFTWARE ENGINEERING INC. All rights reserved.
このページの画像は掲載が許可されているものです。
画像の複製・再配布を禁じます。
ブログジャンル
画像一覧